Three Stars

exquise.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 25日

違う名前で出ています

長らく放置していたこのブログを、こちらも持て余していた Twitter に移動させることにしました。ここのハンドルネームをユーザ名検索していただければ見つかると思います。今まで見てくださっていた皆様、ほそぼそと続けていくつもりですので、どうぞまたよろしくお願いいたします。

* 横にも貼りました。よろしくお願いします〜
[PR]

# by exquise | 2011-04-25 22:28 | その他
2010年 07月 20日

きょうの iPod

c0066843_21834100.jpg"I'm All Over It"
Jamie Cullum
in The Pursuit (2009)

スカパーの VMC でようやく今年のフジロック出演者の PV 特集をやってくれた。そのなかで最もキャッチーだった曲がジェイミー・カラムのこの曲である。彼の名前は以前から知っていたが、ジャズ・ミュージシャンという認識だったので、この曲みたいなポップス的なアプローチは意外に感じた。事実、この曲が収められたアルバムはこれまでのものとはかなり路線が異なるようで、一瞬「コールドプレイ?」みたいに思える曲もあるように、相当ロック寄りの作品となっていて、それだからいっそうこちらの興味を引いたのかもしれない。それが彼の新しい方向かと思いきや、最近のアルバムでは思いっきりジャズっぽくなっているし、今後どうなるのかは予測がつかない。ベックみたいに作品ごとに変わるのかな?


"I'm All Over It"
[PR]

# by exquise | 2010-07-20 02:17 |
2010年 07月 06日

きょうの iPod

c0066843_149399.jpg"赤いゴーカート"
Triceratops
in Rock Music(2004)

トライセラトップスを初めて知ったのは某清涼飲料水の CM に彼らの曲が使われたときだが、ヒネリのあるバックの音と、特徴のあるヴォーカルの声質がとても新鮮に感じた。その後この曲が収録された彼らのアルバムもよく聴いたものだが、どこかの音楽誌が評して述べた、確か「白いロマンチスム」だったか、その言葉は、この頃の彼らの音楽を的確に表現しているように思う。ヴォーカルの性質も手伝ってか、彼らの音楽には一貫して若者の青臭さが漂っているのだが、それは決して嫌みには聞こえず、彼らの魅力をいっそう引き立てている。この曲だって、決してフェラーリやポルシェではなく、「赤いゴーカートに乗ったひとりの少年」について歌われるのであり、そのスケールの小ささが逆に彼らのチャーム・ポイントになっているように思う。別の曲にある「この世界を"少しだけ"変えるのさ」というフレーズもまた好きである。

"赤いゴーカート"
[PR]

# by exquise | 2010-07-06 01:38 |
2010年 07月 02日

きょうの iPod

c0066843_19362784.jpg"Six Days"
DJ Shadow (2002)

数年前、その年の夏フェス出演者の PV をスカパーで観ていたとき、この曲が流れてきた。水の中をたゆたうような感触の音にのせて、アジア系の男女が退廃的に戯れるレトロな色調の映像にすぐに心奪われた。何だかウォン・カーウァイの映画の一場面みたいだなあと思って調べてみたら、本当にこの監督が撮影したものだと判明し、おまけに男を演じていたのは、あの麗しきチャン・チェンだったのだ。すでに発表後数年が経過していたときに聴いたのだけれど、情報に疎かったのでそのとき初めてこのコラボレーションのことを知ったのだった。全く予期していないときにこういう作品に出会うととても嬉しい。その後 DJ シャドウの有名なアルバム Endtroducing をも聴いたのだが、全体的にもっとアグレッシヴな感じで、この曲はちょっと異色なタイプのように思う。しかし音と映像がマッチした美しい PV なのには変わりはない。


"Six Days"
[PR]

# by exquise | 2010-07-02 19:30 |
2010年 06月 29日

きょうの iPod

c0066843_21404876.jpg"Red Guitar"
David Sylvian
in Brilliant Trees (1984)

Japan 解散後のそれぞれの活動はそれほど詳しくない。4人の個性が結合されたあのバンドの音が好きだったので、デヴィッド・シルヴィアンのファンというわけでもなかったし、積極的に彼のソロアルバムを聴こうとはしていなかったのだ。それが数年前スカパーの何かの番組でこの曲の PV をたまたま見てその複雑な構成に、ほおおーと思ったのだった。ピアノは坂本龍一だそうで、なるほどジャパンの終盤から見え隠れしていた YMO、特に教授の影響がここでは大っぴらに公言されているかのようである。これも数年前、香川県直島のアート・プロジェクトに彼が出品したサウンド・インスタレーションを、現地で iPod を渡されて聴いたことがあるが、自然の音を組み合わせた抽象的な音になっていて、もはやジャパンのデヴィッドというイメージからははるか遠いところにあった。最近では弟とまた組んだりしているらしいが、その作品はまだ聴いていない。


"Red Guitar" (アントン・コービン撮影のモノクロ映像が美しい)
[PR]

# by exquise | 2010-06-29 22:03 |
2010年 06月 28日

きょうの iPod

c0066843_20385456.jpg"Little Bird"
Jazzanova feat. Jose James
in Of All The Things(2009)

iPod から全く入れた覚えのない曲がまた流れてきた。この曲調からすると、家人が間違ってフォルダに入れたか、無理やり放り込んだかどちらかだろう。グループに関しても全く知識がなく、ベルリン出身のDJ集団だそうだが、ネット上での紹介などを読んでいるとこの曲はちょっと異色な感じがする。ソウルフルに歌い上げるジャズは苦手なほうだが、こういうしんみりとしたジャズ・ヴォーカルはかなり好きだ。味のある声、静かながらも旋律の変化が美しい曲、そして「小鳥」という言葉、訳もなく涙腺を刺激されてしまった。ふとニック・ケイヴとかトム・ウェイツに歌ってほしいなあと思った。


"Little Bird"
[PR]

# by exquise | 2010-06-28 20:29 | その他
2010年 06月 25日

きょうの iPod

c0066843_22295853.jpg"Start of the Breakdown"
Tears For Fears
in The Hurting(1983)

ティアーズ・フォー・フィアーズはエレクトロ・ポップのジャンルに属するけれど、デビュー当時はそのジャンルがイメージさせる無機的な性格やダンサブルなビートとは一線を画す存在だった。ファースト・アルバムを聴けば、シンセサイザーの音よりも、ローランドとカートのヴォーカルの美しさが記憶に残ることからもそれは明白だろう。彼らの澄み切っていて熱い声は、冒頭の「ザ・ハーティング」から朗々と響き渡り、最後のこの曲に至るまでブレることはない。「恐れの涙」というグループ名、そしてこのアルバムジャケット、「狂気の世界」「悩める子供たち」「ペイル・シェルター」といった曲名がことごとく示すように、彼らは「傷ついた子供たち」の代弁者として歌うのであり、その意味で当時同じく温かみのあるエレポップ路線だったデペッシュ・モードよりもエモーショナルで神経質な感じの音だった(どちらもそれぞれの持ち味があって好きだけれど)。

彼らはその後大きな成功を収めたそうだが、これ以降の曲は「シャウト」くらいしか覚えていない。しかし捨て曲のほとんどないこのファースト・アルバムは今でもよく聴いている。この曲は、終盤の盛り上がりに至るまで休むことのない饒舌なベースの音が好きである。


"Start of the Breakdown"
[PR]

# by exquise | 2010-06-25 22:32 |
2010年 06月 24日

きょうの iPod

c0066843_1115840.jpg"Good Stuff"
The B-52's
in Good Stuff(1992)

リアル・タイムで聴いた初めての The B-52's は、デヴィッド・バーンがプロデュースした『メソポタミア』だった。当時 YMO にかぶれていた中学生だったから、このアルバムは比較的面白く思えたのだけれど、批評家筋ではこれは失敗作だったという。その後相当の年月を経過したあとで、家人の手持ちの CD にあったいわゆる「彼ららしい」音楽を聴いてあらためて「パーティー・バンド」としての彼らの魅力を知った。そして彼らのスタイルはまんま日本のプラスチックスが踏襲していたということも、今になって理解した(チカ&トシのヴォーカルなんかそのままやん、という感じだ)。

ケイト・ピアソンのヴォーカルは、今ではマイ・フェイヴァリットの一人に挙がるくらい大好きだ。こういうノリのいい曲にのびのびと響く彼女の声は、いかにもアメリカ女性らしいバイタリティと力強さを兼ね備えていて、元気をもらいたいときに聴きたくなる。バンドは今でも活動中だそうで、ケイトの生の声をぜひ一度聴いてみたいものだ。


"Good Stuff"
[PR]

# by exquise | 2010-06-24 23:11 |
2010年 06月 23日

きょうの iPod

c0066843_1241422.jpg"Motorcrash"
The Sugarcubes
in Life's Too Good(1988)

ビョークといえば、今や世界的に認知されている歌姫になっているが、私はソロの彼女よりも、以前に在籍していたこのロックバンドでの活動のほうが断然好きである。彼女の登場は、当時一大センセーションであり、日本でもこのアルバムは発売される前から音楽誌で話題になっていた。色々なカラーヴァージョンのジャケットがレコード店の店頭をポップに飾っていたことを思い出す。

このバンドの最大の魅力は男女のツイン・ヴォーカルで、男性アイナーのアナーキーでクレイジーな声があってこそ、ビョークのエネルギッシュな歌声が際立ったのだ。アイスランド出身、というイメージもあるのかもしれないが、少女のような風貌(とはいえ彼女はすでに母親だった)を裏切る激しさと、一方で透明感も感じさせる彼女の声は、まさに火傷しそうに冷たい氷のようだった。これは短いながらも、アップテンポの軽快な音のなか、2人のヴォーカルの掛け合いとビョーク独特のコブシがじゅうぶんに堪能できる曲だ。


"Motorcrash"
[PR]

# by exquise | 2010-06-23 23:01 | その他
2010年 06月 22日

きょうの iPod

c0066843_1554950.jpg"The Girl And The Robot"
Röyksopp
in Junior(2009)

ロイクソップも昨年に新しいアルバムを発表していたのだった。これまでの内向的でナイーヴな路線から一転して、この作品では視線が全面的に外を向いているように感じられる。一度聴いたら彼らの曲だとすぐわかる旋律なのだが、レトロなディスコ調の味つけがされていて、弾けた曲調が新しい。
とりわけこの曲はマドンナのヒット曲みたいだなあと思っていたら、何と彼らは彼女のヨーロッパ・ツアーの前座をつとめていたのだった。ゲスト・ヴォーカルの Robyn の伸びやかな声が音とマッチして、何度もリピートしたくなる曲だ。


"The Girl And The Robot"
[PR]

# by exquise | 2010-06-22 20:54 | 北欧