Three Stars

exquise.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日( 3 )


2010年 07月 06日

きょうの iPod

c0066843_149399.jpg"赤いゴーカート"
Triceratops
in Rock Music(2004)

トライセラトップスを初めて知ったのは某清涼飲料水の CM に彼らの曲が使われたときだが、ヒネリのあるバックの音と、特徴のあるヴォーカルの声質がとても新鮮に感じた。その後この曲が収録された彼らのアルバムもよく聴いたものだが、どこかの音楽誌が評して述べた、確か「白いロマンチスム」だったか、その言葉は、この頃の彼らの音楽を的確に表現しているように思う。ヴォーカルの性質も手伝ってか、彼らの音楽には一貫して若者の青臭さが漂っているのだが、それは決して嫌みには聞こえず、彼らの魅力をいっそう引き立てている。この曲だって、決してフェラーリやポルシェではなく、「赤いゴーカートに乗ったひとりの少年」について歌われるのであり、そのスケールの小ささが逆に彼らのチャーム・ポイントになっているように思う。別の曲にある「この世界を"少しだけ"変えるのさ」というフレーズもまた好きである。

"赤いゴーカート"
[PR]

by exquise | 2010-07-06 01:38 |
2007年 12月 21日

きょうの iPod

c0066843_20343486.jpg"Grandma is still alive"
Geisha Girls (1994)

iTunes に入れたとわかっているのに、シャッフルで登場してくるといまだにドッキリする曲が2曲あって、そのうちの1つがこの曲である。ダウンタウン、テイ・トウワ、そして坂本龍一による今考えても斬新なコラボレーション(まずはテイ・トウワが吉本入り、ということが驚きだった)で生まれたこの音は、10年以上経過してもなかなか面白いし、今ではめったに聞かれないダウンタウンのクラシックな漫才も楽しむことができる。松本人志はこの後アメリカ人を笑わせる企画をやったりしているから、「大日本人」を撮る相当前から彼の目は「ガイジン」を意識していたのだろう。「ベータさん」もまた観たくなったな。
[PR]

by exquise | 2007-12-21 20:46 |
2007年 08月 10日

きょうの iPod

c0066843_129462.jpg「はいからはくち」
はっぴいえんど
in 風街ろまん (1971)

このごろ車の iPod からは日本ものばかり流れてくる。邦楽を聴くモードにならない日々が続いているので、曲を飛ばすことも多いのだけれど、この曲はやっぱり聴き入っていた。もともとはあがた森魚のカヴァーで知った曲で、そのヴァージョンが入っているアルバム『噫無情』ともども大好きだったし、数年前に出たはっぴいえんどトリビュートアルバムにあった小西康陽版も、能天気な感じで楽しかった。オリジナルも、アレンジがとてもモダンで、今のバンドがやっている音といっても違和感がない。日本のロックが一巡してまたこういう感じになってきたのか、それともこの71年の音からそれほど進化していない、ということなのだろうか。

はいからはくち
[PR]

by exquise | 2007-08-10 19:32 |