<   2005年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2005年 05月 09日

ブログタイトルをありがとう

"Joy 1967-1990" (1990)
Ultra Vivid Scene

c0066843_325890.jpgOFSの最終回のアワード投票で、ベストアルバムを3枚選ぶときに、迷いに迷って結局選外になったのがこのアルバムである。ほかの人が聴いたら単なる「普通の」ギターポップの作品かもしれないが、私には1曲1曲が好ましいものばかりで、今でもiPodでしょっちゅう聴いているし、投票の際には相当迷ったのだった。
すると偶然に最終回の前のOFS(つまり、いつも通りの構成では最終回のOFS)で、"Special One"が流れた(それとも誰かがリクエストしたのだろうか)。プラチナブロンドの内気そうな青年が、ピクシーズの女の子にはにかんだ笑いを見せながら歌っている映像を見て、一瞬自分がリクエストしたのかと錯覚したけれど、そうではないと気がついたとき、投票しなかったことを激しく後悔した。
Ultra Vivid Sceneはカート・ラルスケという青年一人のプロジェクト名であり、彼はアメリカ人だけれど、イギリスの4ADレーベルからこの作品をリリースした(なのでカテゴリーもイギリスにしようかと思ったのだが、後々書こうと思っているピクシーズなどのことを考えるとやっぱりアメリカにしておいた)。部屋にこもって一人静かに作成した感のあるこのアルバムは、4AD独特の不思議なデザインのジャケットや彼のペナペナした声ともどもすべてが私のツボにはまっている。とりわけ"extra ordinary"という曲は、最初に立ち上げたブログのタイトルにしているくらい好きな曲である。extraordinary(非日常)とextraなordinary(普通すぎる)という意味合いをかけたその歌詞もひとひねり効いていて、前回挙げた"Love at First Sight"と並ぶくらいお気に入りのラヴソングである。そして、このブログのタイトルになっている"Three Stars"だって、このアルバムに入っている曲なのだ。
ラルスケ(って名前も可愛いなあ)君はその後UVS名義でいくつか作品を発表した後、プロデュース業(彼がプロデュースしたIvyなどはとてもいいバンドである)を経て、今では映像作家になっているようだ。ブラマンジェのニールと同じような路線をたどっているが、彼にも音楽シーンに復帰する機会があったらいいのだけれど。
[PR]

by exquise | 2005-05-09 03:27 |
2005年 05月 06日

素朴なる傑作

"Embrace the Herd" (1982)
The Gist

c0066843_2161326.jpgザ・ジストはかつてYoung Marble Giantsという、実に原始的な音作りをしていた3人組のうちの2人(スチュアートとフィルという名のモクスハム兄弟)が作ったバンドである。もう1人の女性メンバー、アリソン・スタットンは、Weekend という、ジャズの味つけをした、もう少しスタイリッシュなバンドのヴォーカルになった。そのウィークエンドが"La Variété"という、その当時のオシャレな人たちの間で話題になったアルバムを出した同年に、同じくラフ・トレードからひっそりと(かどうかは知らないけれど、どうもそう思えてしまう)出たのが、このアルバムである。「ラ・ヴァリエテ」もよく聴いたけれど、好きさ加減でいくと、こちらのほうが断然上だ。
このアルバムは、今まで聴いたもののなかで、最も素朴な作品である。キーボードなど、電子系の音も入って入るのだが、何だか子どもが初めて機材に触れて、面白がって弾いているという感じだ(スチュアートはこの当時ディーヴォなどが好きだったそうで、このピコピコした音を聴くとすごくうなずける)。素朴といっても、名曲揃いのアルバムであり、特に2曲目の"Love at First Sight"がすばらしい。この曲は、戸外で録音しているのかと錯覚するイントロから、少し哀愁を帯びたメロディーが続き、「駅で電車を待ってたときに偶然見かけた女の子が忘れられない」というような内容の、切ない「一目惚れ」の物語がつぶやくように歌われる、というものである。曲ができてすでに20年以上経っているが、まったく古びることなく、いつ聴いてもほろりとさせられる。最も素朴とはいえ、最高のラヴソングを生み出したアルバムなのである。
「一目惚れ」は、その後Lushがカヴァーをしたのだが、女の子が歌っているのを聴くのもまた一興だった。先日まで知らなかったのだが、フランスの歌手エティエンヌ・ダオーも、"Paris le Fleur" というタイトルで、自分で作った歌詞をつけて歌っているそうだ。この曲が色々な人たちに愛されている証拠であろう。
[PR]

by exquise | 2005-05-06 03:10 |
2005年 05月 03日

美声の彼は今いずこ

"Happy Families" (1982)
Blancmange

c0066843_2224398.jpgこれまで書いてきた文章を見ると、「声」についての言及が多いなあと思う。俳優についてもそうなのだけれど、ヴォーカリストの「声」はかなり気になるほうで、メロディーやアレンジはとても好きなのに、声がダメというのも結構ある。基本的にソウルフルな声やファルセット・ヴォイスなどは苦手だ。色っぽい声の人もあまり好きではない(もっともその「色っぽい」という定義が難しいのだが)。たとえばジャズ系の人や、ブライアン・フェリー、ロバート・スミスなどがそうである(ただしその点を覆すくらいの魅力がある人、ビリー・マッケンジーやトム・ヨークなどは別だけれど)。 
好きな男性ヴォーカリストを3人挙げよ、と言われたら誰だろうか。候補は色々いるけれど、今浮かんでくるのはロバート・ワイアット、ニュー・オーダーのバーナード・サムナー、そしてこのブラマンジェのニール・アーサーだ。みんなすごく歌がうまい、というわけではないが、R.ワイアットの澄みきった声、バーニーのちょっと切ない声、そしてN.アーサーの伸びやかで深みのある声は、自分にとっては美しい声だ。
このニールさんとスティーヴン・ラスコンブ(ちょっと変わった感じの人で、ライヴのときインドの僧侶みたいな格好をしていたっけ)の2人から成るブラマンジェのデビュー作は、無邪気なエレポップといってしまえばそれまでだけれど、ニールさんの声をじゅうぶん満喫できるアルバムである。"Feel Me"のクールな低音、"Waves"のゆったりした声、そして"Living on the Ceiling"のコミカルな声など、彼の声はヴァラエティに富んでいる。可愛くて、親しみやすくて、少しエキゾチックな味つけをした音がそれに加わって、このアルバムはバンド名やジャケットの猫一家のイラストのように、チャーミングな作品になっている。
ブラマンジェはこの後2枚ほどアルバムを出したが、それほどパッとしないまま解散してしまった。アート・スクール出身のニールさんは今では映像関係の仕事をしているようだ。またどこかでその声を披露してくれる機会があるといいなあ。
[PR]

by exquise | 2005-05-03 23:18 |
2005年 05月 02日

ドラマティック!

"The Lexicon of Love"(1982)
ABC

c0066843_2254576.jpg中学生のとき、本屋の片隅で異彩を放っているある音楽誌が目に留まった。「ロック・マガジン」というその雑誌は、写真の上に派手なペインティングを施した表紙もさることながら、編集長のA氏の、独断的な美意識に全体が貫かれていて、作品評などは相当偏った物の見方で書かれていたのだが、妙にパワーがあって納得させられていた。音楽だけでなく、文学(バタイユだのピンチョンだのという名前はここで覚えた)やファッション(当時全盛期のデザイナーズブランドから、ワールズエンドにいたるまで)でも、彼のお眼鏡にかなうものが何かと紹介されていた(執筆陣の一人が、実は家人の高校の先生だったらしい。この先生は「サイキック音楽講座」なるものを定期的に催していたのだが、それに出てみたくてたまらなかったものだ)。
アソシエイツやリップ・リグ&パニックなどマイナー系のアーティストたちが登場する中で、大絶賛されていたのがこのアルバムである。日本でもヒットチャートの上位にランクインしていたABCが手放しで褒めたたえられているのを見て意外に思えたが、メジャー音楽を小馬鹿にするようなマイナー好きの体質にどっぷり浸からずに、「好きなものは好き」という精神を優先している点では、「ロック・マガジン」は案外ミーハーな部分もあって、そこが好きだった。
雑誌では「愛の辞書」というタイトルがついたこの作品の、ゴージャスで劇的なところが多分に評価されていたと思う。実際アルバム全体の曲を使って1時間くらいの恋愛サスペンスドラマ仕立てのPVがあって、MTVで全部放映されたりした。どちらかというとB級な感じのできばえだったが、中学生の目から見たら、それはとてもドラマティックでカッコイイものだったにちがいない。
このアルバムの中で特に好きだったのは、"Poison Arrow"と"Tears are not Enough"である。後者は「涙まだまだ」という邦題がついていた。この当時はこういう日本語タイトルがまだ使われていて、結構気に入っている。メンバーのなかでいちばん可愛かったドラマーのデヴィッド・パーマーは後にYMOの散開ツアーに参加して、小気味のよいドラムを披露していたけれど、今はどうしているのだろうか。
[PR]

by exquise | 2005-05-02 03:00 |