<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

きょうの iPod

c0066843_2048189.jpg"Chemtrails"
Beck
in Modern Guilt (2008)

Shuffle が壊れ、ついに iPod Nano を購入した。これからは誰の曲かすぐわかるし、アーティストやアルバムごとに楽しむこともできて嬉しい。早速断片的に聴いていたベックの新作を通して聴いてみた。毎回新しい展開を見せる彼は、前のヒップホップ的なアプローチとは一転、今回はストレートで落ち着いた感じのロックを聴かせてくれている。一見シンプルに思える音が入念に準備され、作り込まれているところがベックらしい。この曲は Sea Change の "Paper Tiger" を思わせる静かな曲で、今の季節にしっくりくる。他の曲もいいものが多いし、長く聴けそうなアルバムである。

"Chemtrails"
[PR]

by exquise | 2008-09-30 21:01 |
2008年 09月 29日

きょうの iPod

c0066843_20293036.jpg"Empty at the End"
The Electric Soft Parade
in Holes in the Wall (2002)

iTunes 8 の Genius という機能によってこれまで全く知らなかったアーティストの曲に接触する可能性が増えた。あらかじめの情報なく試聴でいきなり音を耳にすると、余計な偏見なく聴けていいかもしれない。調べてみると、ドラマーが Dodgy に在籍していたらしい。Dodgy といえばファーストアルバムをわりと気に入って聴いていた記憶がある。この曲も Dodgy に通ずるポップなギター・ロックで、とぼけた感じのキーボードの音がイントロに聞こえてくるのがよい。スーパー・ファーリー・アニマルズが好きな人にもおすすめできる曲。

"Empty at the End"
[PR]

by exquise | 2008-09-29 20:34 |
2008年 09月 22日

きょうの iPod

c0066843_20421598.jpg"Biting My Nails"
Renegade Soundwave
in Soundclash (1989)

「ロンドン・キルズ・ミー」という映画があり、プー太郎だった主人公が一念発起、ちゃんとした仕事に就こうとするもまともな靴を持っておらず、あちこちで探しまくるというファニーな物語で、美しい顔なのにとっても情けない青年のキャラともども好きだった。その映画のタイトルバックで流れてくるのがこの曲で、この無機質な電子音を聴いているとあの作品に映し出されたくすんだ色のロンドンの街並が目に浮かんでくる。いかにも Mute 好みのビートをきかせた音だ。彼らの曲では "Probably a Robbery" みたいなもっとポップよりな音も好みだった。

Biting My Nails
[PR]

by exquise | 2008-09-22 21:01 |
2008年 09月 16日

きょうの VMC

c0066843_1335566.jpg"Faît Accompli"
Curve
in Doppelgänger (1992)

スカパーの VMC で今度はシューゲイザー特集をやった(シューゲイザーだけで90分ももつのかと思っていたら、案の定コクトー・ツインズやスーパーカーまでかりだされ、J&MCは2曲もかかっていた)。懐かしい映像が流れるなか、ちょっと聴きたかったこの曲も出てきた。彼らはこのアルバムしか聴いていない(2005年までやっていたそうだから案外息の長いバンドだった)のだが、ダンサブルだがヘヴィな音とそれに負けないトニ・ハリディのヴォーカルのからみあいが好きだった。小枝のようにかぼそい手足とは対照的な存在感たっぷりの黒髪にゴスっぽいメイクをほどこし、カッと見開いた目でこちらを見据えるトニには、およそ「シューゲイズ」という表現は似合わない。スージー・スーよりもドスのきいた声はまさに「姐御」という感じだ。ロックとフラメンコ、そして羊の毛狩りの組み合わせというわかるようでよくわからない PV もインパクト大である。


Faît Accompli
[PR]

by exquise | 2008-09-16 13:01 |