Three Stars

exquise.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 19日

きょうの iPod

c0066843_201706.jpg"Velouria"
Pixies
in Bossanova (1990)

初めてピクシーズのDoolittleを聴いたときに抱いた違和感は今でも覚えている。ストレートなロックに聞こえていた音がねじれておかしな方向へと進み、いつしか歪んだ曲となっていく・・ 冴えない学生といった風貌のブラック・フランシスの絶叫も恐ろしく、第1曲目"Debaser"の破壊力が物語るように、彼らの音楽は「日常に潜む狂気」そのもので、こういう雰囲気をもったバンドは当時のイギリスには見当たらず、ピクシーズはショッキングな存在だった。だから90年代前後のアメリカ・ロックといえば、私にとってはニルヴァーナよりピクシーズだった。

この曲はその後に出たアルバムに入っているもので、旋律自体は美しいし、ブラック・フランシスのヴォーカルも爽やかに響くのにどこか不穏な感じがする曲だ。背後に聞こえるヒョロ〜という効果音も不気味である。


"Velouria"


"Debaser"(これも好きな曲。4ADっぽいPV)
[PR]

by exquise | 2009-02-19 20:16 |


<< きょうの iTunes      きょうの iPod >>